福原のソープの女性とイチャイチャしてみてはいかがですか?

サイトマップ

ハート

人生で一度は高松のソープに行くべき理由

きれいな女性

高松のソープは城東地区という半島の中にある。
湾に囲まれた狭い土地に、ぎっしりとソープが立ち並ぶのは壮観である。夜になるとあやしいカンバンが光り、その光に吸い寄せられるように黒塗りの高級車が並ぶ。男たちはこの車に乗ってやってくるのだ、いろんな男たちがやってくる。港湾地域で働いているもの、岡山からやってきたもの、高松競輪場で大金を得たものもいる。男たちが集まるこの空気には歴史がある。明治のときから八重垣遊郭として存在し、戦争で空襲を受けた後も赤線地域として生き残った。風俗営業が法によって縛られたときも、ここは男たちの聖域として存在している。
それは四国では比肩するものがない規模であり、瀬戸内をはさんだ岡山からでも男たちを吸い寄せるのだ。そこには現在の風俗の中心であるデリバリーにはない空気がある。淫靡な微粒子が街全体から香ってくるのだ。
店の業種こそ「ソープ」となっているが、実際には「トルコ風呂」といわれた時代のいやらしさ、昭和の空気が感じられる。その空気がブラックホールのように、あたり一体の男たちの欲望を吸い寄せ、夜の城東を怪しく包むのである。今日もさまざまな男たちが、黒塗りの高級車に送迎され城東にやってくる、一朝一夕では練り上げられない性の最終防衛線。男なら人生で一度は訪れるべき場所である。

一覧へ

Copyright © 2016 福原のソープの女性とイチャイチャしてみてはいかがですか? All Rights Reserved.